JA
  • English
  • Čeština
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

インプットシェーパー (MK4, XL, MINI/+)

Relevant for:
Last updated 7 days ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEITFR

MK4のファームウェア5.0.0から、そしてMINI/+とXLのファームウェア5.1.0から、Prusa3Dプリンタにはインプットシェイパー機能が搭載されています。

インプットシェイパーは、共振振動をキャンセルすることでゴーストを低減するように設計された機能です。プリンタの動きを解析し、入力信号にフィルターをかけることで機能しています。より速い移動速度と加速度により、糸引きを最小限に抑えながら、より高速なプリントが可能になります。高速プリントによるノズルの圧力は、ファームウェア上の別機能であるプレッシャーアドバンスによって補正されます。

プリンタにどのような影響がありますか?

最高のプリント性能を得るために、インプットシェイパーを使い始める前にMK4の基本メンテナンスを行うことを強くお勧めします。X軸とY軸のベルトが緩んでいないこと、ノズルが良好な状態であること、スムースロッドにゴミが付着していないことを確認してください。

衝突検知について

高い加速度とプリント速度のため、衝突検知機能は同時に使用できません。

インプットシェイパー専用のサブセクションをMK4のフォーラムに新設しました。フィードバックが集められており、あなたの質問への回答があります。成功したプリントを共有し、質問し、バグを報告してください。 - 投稿する前に、リリースノートの最後にある既知の問題のリストを確認してください。

PrusaSlicerのプロファイル

インプットシェイパーを使用するには、適切なファームウェアだけでなく、PrusaSlicerのインプットシェイパー専用プロファイルが必要です。プロファイルを選択すると、プロファイルの名前が変更され、使用しやすくなります。

インプットシェイパーではないプロファイルでは、各レイヤーの高さに対する2つの品質は以下の通りです:

  • Quality: 主に全体的な外観と精度に重点を置いており、スピードには妥協しているため、プリントに時間がかかります。
  • Speed: 主に時間短縮に重点を置いており、見た目や精度には若干の妥協があります。

インプットシェーパープロファイルでは、2つの品質があります:

  • Structural: 品質、精度、構造的な完全性に重点を置きながら、それなりに高速のプリント速度を維持します(それでも、インプットシェーパーなしのプリントよりもはるかに速いです)。
  • Speed: このプロファイルでは、プリント時間が短くなることが最優先されます。品質と精度を保ちながら、プリンタ性能の限界に近づけます。

インプットシェーパー設定のUltradetailプロファイルは、0.4mmノズルのインプットシェーパープロファイルの最小レイヤーとなるFast detailです。

インプットシェーパーは、プリント速度(もしくは移動速度)と加速度、ファームウェア、またはプリンタのハードウェアの限界によって決定されるだけではないことに注意してください。プリント材料も制限要因となります。どのフィラメントも、ノズルの中で適切に溶かされ、適切な温度で押し出され、下部のレイヤーに付着したら冷却される必要があります。温度と冷却のバランスが悪く、高すぎたり低すぎたりすると、プリントには必然的に問題が生じます。主に、レイヤー間の密着が悪くなったり、一般的には構造的に問題が発生し、オブジェクトが壊れやすくなったりします。PrusaSlicerではプリンタの「スピード」プロファイルは最適化されているので、プリントオブジェクトを速く仕上げることができますが、その構造的な完全性にはわずかな影響しかありません。

Gコードへの設定方法

適用するGコードはM593で、以下は設定可能なパラメータです。

Damping Ratio
D - Set the input shaper damping ratio. If axes (X, Y, etc.) are not specified, set it for all axes. The default value is 0.1.

Frequency
F - Set the input shaper frequency. If axes (X, Y, etc.) are not specified, set it for all axes. The default value is 0Hz, which means that the input shaper is disabled.

Type
T[map] - Set the input shaper type, 0:ZV, 1:ZVD, 2:MZV, 3:EI, 4:2HUMP_EI, and 5:3HUMP_EI. The default value is 0:ZV.

Vibration Reduction
R - Set the input shaper vibration reduction. This parameter is used just for 3:EI, 4:2HUMP_EI, and 5:3HUMP_EI. The default value is 20.

Limit to X-axis or Y-axis
X<1> - Set the input shaper parameters only for the X-axis.
Y<1> - Set the input shaper parameters only for the Y-axis.

Was this article helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us