JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

エクストルーダーのリニアリティ補正キャリブレーション

Relevant for:
Last updated a year ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLESDEITFR
これは 高度なキャリブレーションですので、 経験豊富なユーザーにのみお勧めします。
このキャリブレーションは、ファームウェアバージョン3.2.0以降でのみ機能します。

リニアリティ補正は、カスタム電流波形の定義を可能にするTrinamicステッピングモータードライバーの機能を使用しています。 デフォルトのTrinamic波形は正弦波ですが、実際の波形は少し異なる場合があり、ステッピングモーターのタイプによって異なります。 また、同じタイプのモーターは異なる波形を持つことができます。 歪みが最大になるのは、波形がゼロクロスするとき(またはその周辺)なので、元の正弦波は、この歪みを除去するように、べき関数を使用して変更されます。

リニアリティ補正キャリブレーションの手順

  1. プリンターのLCDメニュー -> Settings -> E-Correctを選びOFFにします。
  2. Calibration Gcodeをダウンロードしてプリントします。
  3. タワーに斜めのモアレ線が現れるのがわかると思います。 キャリブレーションオブジェクトの表面が最適な場所を見つけます。

特に暗い反射として見える45度の線に注目します
  1. ほとんどのプリンタでは、オブジェクトの垂直方向の中心(値1.10)付近の歪みが最小となりますが、お使いのプリンタでは異なる場合があります。 理想的な値に注意してください

Ecor Tower

  1. E-correction 再び有効にします LCDメニュー -> Settings -> E-Correct. 満足のいく値に調整します。
  2. 何か適当なものをプリントして、対角線がまだ現れるかどうかを確認します。あるばあいは手順3に戻ってください。
キャリブレーションオブジェクトの GitHub ページ- ECOR_TOWER
Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us