JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

ファジースキン

Last updated 9 months ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEESITFR
ファジースキンはPrusaSlicer 2.4以降のバージョンで利用可能です。
PrusaSlicerがSimple modeのとき、一部のオプションが表示されません。

ファジースキン機能を使うと、モデルの側面に繊維のような粗いテクスチャを作成することができます。この機能を有効にすると、周囲がランダムなステップサイズで再サンプルされ、それぞれの新しいサンプルポイントはファジースキンの厚みに制限されたランダムな長さで周囲の内側または外側にシフトされます。このシンプルなアルゴリズムは、ツールハンドルや、プリントサーフェスに新しい面白さを与えたり、プリントの不正確さを隠したりするのに適した、驚くほど素晴らしい結果を生み出します。また、モディファイアを使用して、モデルの一部にのみファジィスキンを適用することもできます。

ファジースキンの設定は、[プリント設定]-[レイヤーとペリメーター]にあります。

ファジースキンの種類

ファジィスキンの適用は、「外部境界のみ」または「すべての境界」に選択できます。

ファジースキンタイプを外周(左)、全周(右)に設定

ファジースキンの厚み

各スキンポイントがオフセットできる最大距離(両方向)は、周壁に垂直な方向で測定されます。

ファジースキンの厚み 0.1mm(左)、0.3mm(右)

ファジースキンの点距離

外周はファジースキンポイントを挿入することにより、複数のセグメントに分割されます。ファジースキンポイントの距離を下げると、外周壁のランダムにオフセットされる点の数が増えます。

ファジースキン点距離 0.5mm(左)、1.0mm(右)

ファジースキンのモディファイ

モディファイヤーを使って、モデルの一部分だけにファジースキンを適用することができます。

  1. モデルを右クリックし、Add modifier - [Select modifier type]を選びます。
  2. モデルと重なるようにモディファイアを配置します。
  3. モディファイアを右クリックし、「設定の追加」-「ファジィスキン」を選択します。
  4. ポップアップウィンドウで、どの設定を変更するかを選択します。
  5. ファジースキンを外部境界または全周囲に変更します。
  6. オプションで、他のファジースキンの設定も編集することができます。

Was this article helpful?

Comments

0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us