JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

安全機能のテスト(MK3/MK3S)

Relevant for:
Last updated 5 months ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLESDEITFR

私たち Original Prusa i3 MK3は、新しい安全機能をたくさん備えています。これにより、プリントの信頼性と安全性が格段に向上しました。この記事では、それらのすべてを適切にテストする方法と、デバッグする方法を紹介します。

これらの機能はすべて、実行中のプリントでテストする必要があります。 同梱のSDカードから、例えばバットマンPrusaのロゴなどのモデルを使用することができます。

フィラメントセンサー

フィラメントセンサーのテスト方法

  1. まず、フィラメントセンサーがONになっていることを確認する必要があります。LCD Menu - Settings - Fil. sensor ON/OFFで確認できます。
  2. 5~10分ほどプリントを続けたら、フィラメントをカットして、センサーが作動するまで待ってください。
  3. その後、プリンタはノブを押してフィラメントを取り出すように指示します。
  4. その後、新しいフィラメントをエクストルーダーにロードします。ノブを押すか、オートロードをオンにしていれば、自動的に行われます。 
  5. 正しく変更された場合。YESを選択します。フィラメントをセットしていない場合は、Filament not load(フィラメントをロードしない)」を、色が鮮明でない場合はColor not clear(色が不鮮明)」を選択してください。 

センサー読み取りとデバッグの失敗

  1. センサーが正しく配置され、コネクターが正しく装着されているか確認してください。
  2. センサーに埃が付着していないか、極端な光量不足がないかを確認してください。
  3. 詳しくは、IR フィラメントセンサー (MK2.5S, MK3S)をご覧ください。

ステップおよびレイヤースキップの検出

「クラッシュ検出」のテスト方法 

  1. プリンタが通常モードで動作していることを確認します。LCD - Settings - Mode Normal/Stealth で確認できます。また、LCD - Settings - Crash Det. ON/OFFで確認できます。
  2. スムースロッドをエクストルーダーの近くでつまむと、プリント中に停止してしまう結果になります。
  3. エクストルーダーを押さないでください。実際のプリントをシミュレートしていないためです。
  4. 正しく行われた場合、エクストルーダーは自動で原点復帰し、プリントを再開します。 

プリンタがヒットとスキップを認識しない 

  1. プリンタが通常モードで動作していることを再確認してください。  
  2. ベルトとプーリーが締まっていることを確認してください。ベルトがプーリーを飛び越えたり、プーリーがモーター軸を中心に空転することがあります。 
  3. クラッシュディテクションが動作しない場合は、レイヤーの位置ズレで詳細を確認することができます。(レイヤーシフトは、クラッシュディテクションが動作しないことと共通するところがあります)。 

パワーパニック

パワーパニックのテスト方法

  1. 電源スイッチを使用しないでください。 パワーパニックを起こしません。
  2. 電源コードをコンセントから引き抜くことが試すことができます。ただし、常時使えるとは限りません。 ベストな方法は、ON/OFFスイッチの付いた電源タップを用意することです。 
  3. プリントの途中で電源タップのスイッチを切るだけでいいのです。 
  4. するとプリンタはノズルを上げ、電源が戻ると、ユーザーの操作なしに加熱してプリントを再開します。 
  5. 電源オフの時間が長く、ノズル・ベッドが冷えている場合。プリンタが待機し、プリントを再開するかどうか聞いてきます。 

パワーパニックが作動しない、または作動しない 

  1. 電源コードを抜いても発動しなかった場合(これはお勧めしません)。コードから発生するアーク放電が原因である可能性があります。
  2. ノズルが十分に上がっていない。 
    1. Mファームウェアのバージョンが最新であることを確認してください。お使いのプリンターで実行されている実際のファームウェアのバージョンは、LCDメニューの「サポート」→「ファームウェア」で確認することができます。 最新バージョンは、当社のダウンロードページで常に確認することができます。
    2. Z軸アセンブリをチェックしてください。余分な摩擦があると、正しいZ軸の動きを妨げる可能性があります。
Was this article helpful?

Comments

Please sign in before adding a comment.
0
Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us