JA
  • English
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

ロードセル (XL, MK4)

Menu
Relevant for:
Last updated 9 months ago
This article is also available in following languages: 
ENPLDEESITFR

Original Prusa XLとOriginal Prusa MK4にはロードセルが搭載されています。ホットエンドヒートシンクに組み込まれたこの部品は、ノズルがプリントシートに十分に近づいているかどうかを検出します。

ロードセルの調整が必要なのは、セルフテストの時だけです。その後、最初のレイヤーのキャリブレーションは、メッシュベッドレベリング中に常に自動的に行われます。これにより、ノズルがスチールシートに食い込むことによる損傷を避けることができます。

毎回のプリント前に自動的に値がチェックされるため、手動でのファーストレイヤーキャリブレーション(ライブZ調整)とスチールシートプロファイルはロードセルでは必要ありません。

ロードセルのテスト

プリンタ画面に指示が出ない限り、プリンタを操作したり触ったりしないでください。

セルフテストの間、ロードセルがテストされ、プリンタにテスト方法が表示されます。

または、XL の場合は、LCD Menu -> Calibration -> Diagnostics ->Test Loadcell で、MK4 の場合は、LCD Menu -> Control -> Calibration & Tests -> Loadcell Test でロードセルのテストを開始することもできます。

テスト中、特定のタイミングでノズルを叩くように指示され、画面上部のプログレスバーが満たされます。バーが埋まっていない場合やプリンタにエラーが表示される場合は、customer supportまでご連絡ください。

Was this article helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us