JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

可変レイヤー高さ機能

Last updated 9 months ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLESDEITFR

PrusaSlicerでは、モデルの異なる領域を定義し、異なるレイヤーの高さでプリントし、自動的にその間の移行をスムーズにすることができます。これにより、プリント品質の犠牲を最小限に抑えながら、プリント時間を大幅に短縮することができます。

レイヤーの高さを変えるには、自動、手動、または2つのワークフローを組み合わせて設定することができます。

レイヤーの高さを可変にする設定

まず、3Dビューでモデルを選択します。すると、上部のツールバーでレイヤーの高さを変えられるツールが利用できるようになります。これを起動するとすぐに、個々のレイヤーで作成された輪郭線のリアルタイム・プレビューが表示されます。右下に新しいウィンドウが表示され、3Dビューの右側には新しいパネルが表示されます。

アダプティブ

品質/スピードの設定に応じて、レイヤープロファイルを算出します。

品質・スピード

このスライダーを動かすことで、小さいレイヤーと高いレイヤーの比率を変更することができます。Adaptiveボタンを押すと、新しい可変レイヤープロファイルが表示されます。

スムース

その名の通り、レイヤー可変のレイヤー高さプロファイルを滑らかにします。半径を大きくすると、より曲線が滑らかになります。このボタンを繰り返し押すことで、さらに滑らかな仕上がりにすることができます。

最小に保つ

有効にすると、最小のレイヤーの高さ(緑色)は平滑化されず、最小値のままとなります。

リセット

可変レイヤーの高さ設定(自動変更、手動変更の両方)をリセットする。

レイヤーの高さを自動で可変させた結果を、手動でも編集することができます。
また、自動ステップを完全にスキップして、すべてを手動で設定することもできます。

可変レイヤーの高さパネル(右側)の上にマウスを置くと、モデルの影響を受ける部分が黄色で強調表示されます。

マウス左ボタン 詳細の追加

マウス右ボタン 詳細を削除

Shift + マウス左ボタン ベースにリセット

Shift + マウス右ボタン スムージング

マウスホイール 編集範囲を拡大・縮小する

なお、オブジェクトのすべてのインスタンスは、レイヤーの高さを可変するツールの影響も受けます。
青い線の下に鋭いジャンプが見えるかもしれませんが、これは正常で、最初のレイヤーの高さの設定を視覚的に表現しています。

レイヤーハイト可変の実用例

どのようなレイヤーハイトプロファイルを選べばいいのか?

プリントの大部分を占めるレイヤーの高さに近いプロファイルを選択するようにしてください。スライダーを動かして品質やスピードを上げると、高いレイヤープロファイルが選択されていても、本当に小さなレイヤーの高さになることがあるため、あまり関係ないと言えるかもしれません。しかし、プロファイルはレイヤーの高さ以外の部分も変化させます。例えば、高いレイヤーは押し出し幅が広くなります。平均的なレイヤーハイトプロファイル(例えば、0.4mmノズル用の0.15mmレイヤーハイトプロファイル)でも、ほとんどの場合うまくいくでしょう。

自動可変レイヤーハイトメトリクス

サーフェス品質に関する様々なメトリクスを実験しました。Slic3rに実装されたFlorens Wasserfall et al.によるメトリクスは、最大離散化エラー(ソースモデルからのステップサーフェスの最大ユークリッド距離)を制限します。

Curaでは、XY平面における輪郭線の最大距離を制限し、Waserfallによるメトリックよりも直感的な結果を生成します。

結局、さらに別のメトリクスを実装して、段差のある表面とソースモデルの間の断面積を制限しています。以下のグラフは、表面勾配に応じた各種メトリックのレイヤー高さの制限を示したものです。

 

 

Was this article helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us