JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login
Menu
Relevant for:
Last updated 8 months ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEESITFR

Original Prusa MK4シリーズには24V xBuddyメインボードが搭載されています。この32ビットロジックボードには、重要なコンポーネントを保護する3つの取り外し可能な自動車用ヒューズがあります。プリンタまたはそのコンポーネントの一部が突然動作しなくなった場合は、これらのヒューズをチェックし、必要に応じて交換することをお勧めします。

各ヒューズはボードの異なる部分を保護します:

  • F1 (10A fuse): ヒートベッドの発熱
  • F2 (5A fuse): モーター、ボード、ファン
  • F3 (5A fuse): エクストルーダーヒーター

ヒューズのチェック

ヒューズをチェックする前に、プリンタの電源を切り、電源コードを取り外します。

xBuddyBox-coverとel-box-coverを下記のネジを開けて開けます。その後、ヒューズを取り出して点検してください。

 
マルチメーターがあれば、部品がショートしていないかチェックできます。Multimeter usage [進行中の翻訳]の記事をご参照ください。

PSUヒューズ

MK4のPSU(電源ユニット)は、F8AH250V 20mmヒューズ(高速)を使用しています。お使いのPSUのヒューズの見つけ方は、以下の写真をご覧ください。

ヒューズを交換する際は、プリンタの電源がオフになっており、電源から外れていることを確認してください。

  • PSUの電源プラグのすぐ上にあるPSUヒューズを見つけてください。
  • PSUヒューズのカバーを外すには、プリンタに同梱されているドライバーが最適です。
  • ヒューズ内部のワイヤーに異常がないか点検します。損傷している場合は、交換する必要があります。

切れたヒューズの交換

ヒューズが切れていることがわかったら、簡単に交換することができます。ヒューズは近所の自動車用品店やハードウェアショップで手に入るほか、オンラインで注文することもできます。まったく同じものを入手できるよう、切れたヒューズを持参するのが良い方法です。

  1. プリンタの電源を切り、電源を抜いて、切れたヒューズをソケットから取り外します。
  2. Einsy RAMBoxBuddyでヒューズを交換する場合は、5Aを5Aに、15Aを15Aに交換していることを再確認してください。
  3. ヒューズが切れた場所に接続されている部品のプラグを抜いて、プリンタの電源を入れてみてください。不要な動作がないか確認してください。
  4. もう一度プリンタの電源を切り、電源コードを取り外します。その後、外したコンポーネントをすべて再接続してください。
Was this article helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us