JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

PEIシートの交換 (MK3S/MK3/MK2.5S/MK2.5)

Menu

PEIシートの交換 (MK3S/MK3/MK2.5S/MK2.5)

PEIシートの交換 (MK3S/MK3/MK2.5S/MK2.5)
Last updated 9 months ago
PEIシートの交換 (MK3S/MK3/MK2.5S/MK2.5)
 Difficulty
Difficult
 Steps
20
 Available languages
ENCSPLESDEITFR

Step 1 古く傷んだPEIシート表面

古く傷んだPEIシート表面
古く傷んだPEIシート表面
古く傷んだPEIシート表面
PEIシート表面は耐久性に優れていますが、使用しているうちに傷ついてしまいます。
大きなプリントを終えたら、プリントしたものを剥がそうとする前に必ずしばらく時間をおいてください。
プリンターへのダメージを避けるために、PEI表面の特別な処理が必要な材料については、3Dプリンティングハンドブックをご覧ください。
プリント面のダメージが大きい場合は、次のステップに進みましょう。
古いPEIシートを剥がしたら、すぐに新しいPEIシートを貼ってください。PEIシートは、鋼板のサビに対する保護にもなります。

Step 2 用意するものリスト(その1)

用意するものリスト(その1)
用意するものリスト(その1)
用意するものリスト(その1)
開始する前に、以下のツールと機器をご準備ください:
キッチン用冷凍庫
新しいPEIシートの注文は こちらです、ログインが必要です。
PEIシートを剥離させるマイナスドライバー
リモネン(レモネソール、D-リモネンなど)。
ニトリルゴム手袋(1セット以上)
ペーパータオル(ロール状のもの)
使い捨ての布製タオル(巻いたまま使います)

Step 3 用意するものリスト(その2)

用意するものリスト(その2)
用意するものリスト(その2)
用意するものリスト(その2)
PEIシートをトリミングするための鋭利なナイフ
プラスチック製スクレーパー(アイススクレーパーでも可)
新しいPEIシート表面の傷を防ぐためのマイクロファイバークロス
シートより大きいビニール袋
作業する面としては、丈夫な発泡スチロールボードが最適で、シートの2倍以上の大きさが理想です。薄いプラスチックシートはお勧めしません。
コップ1杯程度のきれいな水道水
IPAまたはアセトン
これらの項目をすべて事前に入手しておくと、途中で止めたり、作業を停止する必要がなくなります。

Step 4 その他の対応製品

その他の対応製品
その他の対応製品
その他の対応製品

このガイドは、Prusa MINI/MINI+のスムースPEIシートの交換にも有効です。

MINIのシートは少し小さいので、新しいPEIシートを貼った後に、その側面からより多くの材料を切り取る必要があるという違いがあります。

新しい交換用の MK3S+ PEIシート は、古いMK2Sプリンタのヒートベッドにも使用することができます。生産終了したMK2S PEIシートと比較すると、MK3S+ PEIは少し大きく、適用後にトリミングする必要がある部分が多くなっています。

新しいPEIシートとその他必要な材料を入手したら、古い MK2Sの記事 に従ってください。

Step 5 古いPEIシート表面を凍らせる

古いPEIシート表面を凍らせる
古いPEIシート表面を凍らせる
古いPEIシートをより簡単に除去するには、冷凍庫を活用するとうまくいきます。
冷凍庫に問題ない場合は、-20℃以下に設定してください。
接着剤が再び付着し始めないよう、シートを凍らせることでPEIシートを剥がす作業時間を長くすることができます。
最低でも30分、スチールシートを置いてください。
新しいPEIシートは冷凍庫に入れないでください。

Step 6 PEIシートの剥がし方

PEIシートの剥がし方
PEIシートの剥がし方
PEIシートの剥がし方
PEIシートの剥がし方
ここは時間が勝負です!温度が上がると、PEIシートとスチールシートの間にある接着剤が再び活性し、剥がしにくくなります!
冷凍庫からスチールシートを取り出し、鋭利な道具(ドライバーなど)を使ってPEIシートの片端を持ち上げます。
PEIシート全体をはがします。糊がシートに残ります。素早く進めてください!
鉄板に傷がついたり、怪我をしたりしやすいので注意してください!
PEIシートの表面が反対側からもダメージを受けている場合は、今すぐ取り除くことができます。

Step 7 のり落としとして、ペーパータオルを配置します。

のり落としとして、ペーパータオルを配置します。
のり落としとして、ペーパータオルを配置します。
前のステップで述べたように、糊がシートに残ってしまうので、それを取り除く必要があります。
まず、ボードや丈夫な使い捨ての下敷きにし、その上にスチールシートを置きます。糊落としの作業が終わるまでは、ボードを取り出さないでください。
ペーパータオルを写真のようにシートの上に置きます。接着面全体が覆われる必要があります。
赤い線は、タオルの下にあるシートを表しています。

Step 8 接着剤の除去 - すなわちリモネンで浸す時間です。

接着剤の除去 - すなわちリモネンで浸す時間です。
接着剤の除去 - すなわちリモネンで浸す時間です。
接着剤の除去 - すなわちリモネンで浸す時間です。
重要:このステップでは、洗浄液(例:リモネン)を使用します。ニトリル手袋を使用し、ボトルは開けっぱなしにしないでください。最初に安全に関する説明をお読みください!
リモネンをペーパータオルが完全に濡れている状態になるまでかけます。
リモネンはペットにも毒性があるため、ペットを近づけないようにしましょう。
リモネンの蒸発を遅らせるため、タオルを入れシートごとビニール袋に入れます。
リモネンが蒸発しないように、袋を密閉します。シートが届いた時のプチプチ袋や、その他のビニール袋など、適度に密閉できる袋を使用します。

Step 9 接着剤の除去-リモネンを活用する

接着剤の除去-リモネンを活用する
接着剤の除去-リモネンを活用する
少なくとも40分以上、リモネンの効果を発揮させます。
この間、お子様やペットがビニール袋に触れないようにしてください。
窓を開けて新鮮な空気を取り込み、換気します。室温はあまり下げないようにします。

Step 10 接着剤の除去-ビニール袋を外します

接着剤の除去-ビニール袋を外します
接着剤の除去-ビニール袋を外します
スチールシートをビニール袋から取り出します。
面倒な作業が続きます。スチールシートの下に、使い捨てのボードがまだ残っていることを確認してください。
ペーパータオルを取り除きます。

Step 11 糊落とし-のりを削り取ります

糊落とし-のりを削り取ります
糊落とし-のりを削り取ります
糊落とし-のりを削り取ります
糊落とし-のりを削り取ります
スクレーパーやシートを傷つけないよう慎重に、根気よく進めてください。
プラスチック製のスクレーパーを用意し、片方の角から糊を剥がし始めます。
接着剤を1か所に集中させるようにすると、剥がしやすくなります。
シートはほぼきれいに見えますが、接着剤がすべて除去できていことを確認する必要があります。次のステップに進みます。
スクレーパーの掃除には、布製のタオルを使ってください。紙製のものは破れやすいです。

Step 12 接着剤の除去-「汚れた」箇所を探します

接着剤の除去-「汚れた」箇所を探します
接着剤の除去-「汚れた」箇所を探します
接着剤の除去-「汚れた」箇所を探します
接着剤の除去-「汚れた」箇所を探します
シートをよく見ると、糊が残っている箇所があるかもしれません。
再びリモネンを染み込ませ、数秒間放置した後、再びスクレーパーで糊を落とし始めます。
シート全体はこのような感じになります。接着剤や空気で凸凹や斑点がないようにします。
この手順をシート全体に適用し、シートが完全に「接着剤のない状態」になるまで繰り返します。前に剥がした糊を広げてしまわないように、1回終わるごとにスクレーパーをきれいにしてください。
スクレーパーの掃除には、布製のタオルを使ってください。紙製のものは破れやすいです。

Step 13 スチールシートの洗浄(水)

スチールシートの洗浄(水)
スチールシートの洗浄(水)
リモネンは蒸発しやすいのですが、糊の微粒子も含めて残らないようにする必要があります。
蒸留水またはきれいな水道水を使用し、適量を表面にかけます。またはスプレーします。
タオル(紙・布)でシート全体を拭きます。

Step 14 スチールシートの洗浄(IPA)

スチールシートの洗浄(IPA)
スチールシートの洗浄(IPA)
IPA(油汚れを落とせるもの)と布製のタオルを使って、シート上の汚れを落とします。
その後、スチールシートの表面にほこりや繊維が残っていないことを確認してください。また、素手で触れないようにしてください。
洗浄が終わったので、今度はリモネンの蓋を閉じて、スチールシートの下の板を取り出します。作業エリアをキレイにしましょう。
PEIシートの両面を剥がす場合は、シートを裏返し、Step6に戻り、接着剤の除去作業を繰り返します。

Step 15 PEIシートの準備

PEIシートの準備
PEIシートの準備
PEIシートの準備
警告: 最初にすべての作業手順を読み、慎重に進めてください。PEIシートの接着を間違えると、元に戻せなくなります!
PEIシートは正方形ではありません。スチールシートと合わせ適切な方向を見つけるようにしてください。

PEIシートが正しく配置されている場合、両側から1~2mmはみ出しているようになります。

MINI/MINI+MK2/MK2SのPEIシートを交換する場合は、より大きなオーバーハングが発生する可能性があります。

PEIシートが接着されているときに、小さな部分でも剥がそうとすると、その部分の接着剤がダメになってしまうので、絶対に剥がさないでください。

Step 16 新しいPEIシートの接着

新しいPEIシートの接着
新しいPEIシートの接着
新しいPEIシートの接着
新しいPEIシートの接着
写真のように、PEIシートの短辺から約2cm(1インチ)の糊代をはがします。
PEIシートが写真のように配置されていることを確認します。PEIシートの端は、スチールシートの端と揃える必要があります。PEIシートはスチールシートの端に少し重なることがありますが、後で切り取ります。
PEIシートとスチールシートの端が揃っている(平行になっている)かどうか、よく確認してください。

Step 17 PEIシートとスチールシートを接着する

PEIシートとスチールシートを接着する
PEIシートとスチールシートを接着する
PEIシートとスチールシートを接着する
PEIシートとスチールシートを接着する
プラスチックのスクレーパーをマイクロファイバークロスなどで包み、PEIシートをスチールシートに押し当て始めます。
最大で2〜3cm程度のスパンで進めてください。これ以上大きくすると、内部に空気が入り込み、表面に凹凸ができる可能性があります。
シートの全面を覆い、スクレーパーを縦横に使い、特に端側に注意します。詳しくは次のステップをご覧ください。

Step 18 PEIシートのエッジ付近への貼り付け

PEIシートのエッジ付近への貼り付け
PEIシートのエッジ付近への貼り付け
PEIシートのエッジ付近への貼り付け
端の近くで作業するときは、特に注意してください。必ずシートの外側にのみスワイプしていき、決して後ろ側に行わないでください。PEIシートが浮き上がってしまい、空気が入ってしまうことがあります。
全面をスワイプしていきます。縁に注意してください。
準備ができたら、数分間、接着剤がなじむよう放置します。ほとんどの道具を洗い、ナイフとIPA、タオルだけを持っておくとよいでしょう。

Step 19 端のトリミング

端のトリミング
端のトリミング
端のトリミング
端のトリミング
余分なPEIシートは、準備しておいた鋭利なナイフで切り取ります。必ずPEIシートが貼られている側からカットしてください。
円形の開口部にあわせて穴を開ける必要はありません。製造工程で、シートを吊るすために使用されるものです。
V字型の開口部を切り取るときは、必ずシートに向かって切り、決して外側に切り取らないように注意してください。また、PEIシートが浮いてしまう可能性があります。

Step 20 完了!

完了!
完了!
お疲れ様でした。これでプリントシートは新しくなりました。
シートをプリンタに置き、IPAで洗浄して、テストプリントをします。
Was this guide helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us