JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

2. ベースとサイドフレームの組み立て

Menu

2. ベースとサイドフレームの組み立て

2. ベースとサイドフレームの組み立て
Relevant for:
Last updated 23 days ago
2. ベースとサイドフレームの組み立て
 Difficulty
Moderate
 Steps
34
 Available languages
ENCSPLDEESITFR

Step 2 ベースフレームパーツの準備

ベースフレームパーツの準備
ベースフレームパーツの準備
ベースフレームパーツの準備
ベースフレームパーツの準備
この章で、準備するもの:
XLベース(1個)
M4x12 ネジ (8本)
XL 背面フレーム材(2個)
左側Z軸の固定部品(1個)
右側Z軸のロータリー(1個)
It is important to assemble the Z-axis parts in correct order. This guide will remind you, but keep it in mind.

Step 3 エクストルージョンのアラインメント

エクストルージョンのアラインメント
エクストルージョンのアラインメント
エクストルージョンのアラインメント
フレーム材にはピンをはめ込む穴があります。
ピンがフレーム材の穴に収まっていることを確認します。
Repeat this alignment check always, when you will be assembling extrusions together throughout this manual. Improper alignment will cause visible gaps between extrusions.

Step 4 右側背面のフレームの組み立て

右側背面のフレームの組み立て
右側背面のフレームの組み立て
右側背面のフレームの組み立て
右側背面のフレームの組み立て
The protrusions are designed with an overlap to ensure strength and accuracy when tightened properly.
Turn the right side (no sticker) of the base towards you. Use the extrusion plastic cap as a guide.
プロファイル・インサートの片方が奥までスライドしていることを確認します。
Be careful while connecting extrusions together, avoid scratching them. The orientation of the silver pin doesn't matter.
フレーム材同士を接続する前に、「単体」のフレーム材にある突起を確認してください。この部分は、ベースとなるフレーム材にある「溝」に合わせる必要があります。3枚目の写真の気泡をご覧ください。
先に準備したリアフレーム材を1つ取り出し、そのピンをプロファイル・インサートにスライドさせます。フレーム材の正しい向き(突起と溝)に注意してください。
There might be a slight gap between parts, we will address this in the next step.

Step 5 右側背面のフレームの固定

右側背面のフレームの固定
右側背面のフレームの固定
右側背面のフレームの固定
右側背面のフレームの固定
フレーム材の反対側から、M4x12のネジを2本挿入します。
Proceed carefully with the 3mm Allen key, avoid scratching the frame.
金属プレートの表面に達するまでネジを締めたら止めます。最終的な締め付けは、後でトルクインジケーターを使って行います。
Use the longer side of the 3mm Allen key and tighten the M4x12 screws on both sides.

Step 6 左側背面のフレームの組み立て

左側背面のフレームの組み立て
左側背面のフレームの組み立て
左側背面のフレームの組み立て
左側背面のフレームの組み立て
2つ目のリア・フレームを組み立てます。ベースの左側(安全シールが貼ってある方)を手前に向け、後側に焦点を合わせます。フレーム材のプラスチック・キャップをガイドにします。
プロファイル・インサートの片方が奥までスライドしていることを確認します。
Z-Axis-backをベース背面のプロファイルインサートに挿入します。
フレーム材の反対側から2本のM4x12ネジを挿入します。
Proceed carefully with the 3mm Allen key, avoid scratching the frame.
金属プレートの表面に達するまでネジを締めたら止めます。最終的な締め付けは、後でトルクインジケーターを使って行います。

Step 7 Z軸固定の組み立て

Z軸固定の組み立て
Z軸固定の組み立て
Z軸固定の組み立て
Z軸固定の組み立て
Stay on the left side of the base. Use the safety sticker as a guide.
それでは、左側の切り欠きに固定したZ軸を取り付けていきます。
2つ目のプロファイル・インサートを開口部に合わせます。
注意:Z-Axisの適切な位置に注意してください。Z-Axisの固定は左側で行ってください(ヒートベッドキャリアは回転せず、複数のネジがあるはずです)。
Z 軸固定モーターケーブルをベースの開口部に通します。

Step 8 Z軸の固定

Z軸の固定
Z軸の固定
Z軸の固定
Z軸の固定
ケーブルを挟まないように注意してください!
Z-Axisをベースフレームに慎重に挿入します。モーターは開口部にぴったりとはまり、フレーム材のピンはプロファイルインサートにはまるようにしてください。
フレーム材の反対側から、M4x12のネジを2本挿入します。
Be careful with the 3mm Allen key, you may scratch the frame.
金属プレートの表面に達するまでネジを締めたら止めます。最終的な締め付けは、後でトルクインジケーターを使って行います。
Use the longer side of the 3mm Allen key and tighten the M4x12 screws on both sides.

Step 9 Z軸ロータリーの組み立て

Z軸ロータリーの組み立て
Z軸ロータリーの組み立て
Z軸ロータリーの組み立て
ケーブルを挟まないように注意してください!
Turn the base, so that the right side (no safety sticker) is facing towards you.
それでは、右側の開口部にZ軸ロータリーを取り付けていきます。
2つ目のプロファイル・インサートを開口部に合わせます。
注意:Z-Axisの正しい位置に注意してください。Z-Axisロータリーは必ず右側で使用してください(ヒートベッドキャリアは回転し、ネジは1つだけにしてください)。
Y軸ロータリーのモーターケーブルをベースの開口部に通します。

Step 10 Z軸ロータリーの固定

Z軸ロータリーの固定
Z軸ロータリーの固定
Z軸ロータリーの固定
Z軸ロータリーの固定
ケーブルを挟まないように注意してください!
Z軸ロータリーをベースフレームに慎重に挿入します。モーターが開口部にぴったりとはまり、押し出し部のピンがフレーム材にはまるようにします。
Z軸ロータリーがベースフレームの右側にあることを再確認します。
M4x12のネジを2本、フレーム材の反対側から挿入します。
Be careful with the 3mm Allen key, you may scratch the frame.
金属プレートの表面に達するまでネジを締めたら止めます。最終的な締め付けは、後でトルクインジケーターを使って行います。
Use the longer side of the 3mm Allen key and tighten the M4x12 screws on both sides.

Step 11 Torque indicator: 部品の準備

Torque indicator: 部品の準備
Torque indicator: 部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
Torque-indicator (1個)
六角レンチハンドル(1個)
六角レンチ 3mm すでに用意されているものを使用します。

Step 12 Torque indicatorの組み立て

Torque indicatorの組み立て
Torque indicatorの組み立て
Torque indicatorの組み立て
Torque indicatorの組み立て
3mmの六角レンチをトルクインジケーターに挿入します。
六角レンチのハンドルを反対側から付けます。
組み立てられたトルクインジケーターはこのようになっています。

Step 13 torque indicatorを使った最終的な締め付け

torque indicatorを使った最終的な締め付け
torque indicatorを使った最終的な締め付け
torque indicatorを使った最終的な締め付け
Attention: Do not overtighten the screws over the torque indicator scale!
The protrusions are designed with an overlap to ensure strength and accuracy when tightened properly.
Tighten the screw till you reach the "OK" line and the 3mm Allen key is slightly bent.
フレーム材に挿入されている 8 本の M4x12 ネジすべてについて、同様の作業を行います。
Do not throw the torque indicator away, you will need it in the next chapter.

Step 14 Hariboで休憩の時間です!

Hariboで休憩の時間です!
Hariboで休憩の時間です!
Carefully and quietly open the bag with the Haribo sweets. A high level of noise might attract nearby predators!
グミをひとつだけ。ひとつだけですよ!

グミは1920年代にハンス・リーゲルというドイツのキャンディーメーカーによって初めて作られたことをご存知だろうか。

Step 15 xLCDパーツの準備

xLCDパーツの準備
xLCDパーツの準備
xLCDパーツの準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
xLCD PE ケーブル (1個)
xLCD ケーブル (1個)
M3x10 ネジ (2本)
Frame-rear-cover (2個)
Frame-corner-cable-cover (1個)
Z-motor-cable-bottom-cover(2個)
xLCD-cable-bottom-holder (1個)
必要な部品リストは、次のステップにも続きます。

Step 16 xLCDパーツの準備

xLCDパーツの準備
xLCDパーツの準備
xLCDパーツの準備
xLCD ディスプレイ(1個)
M3x16 ネジ(2本)
何もない場所に、すべてのプラスチックカバーを積み重ねておきます。写真のように、長さごとに並べ替えておきましょう。次のステップの準備をします:
フレームカバー 172 mm (1個)
フレームカバー 182 mm (1個)
フレームカバー 243 mm (2個)
ヒント:エクストルージョンカバーの寸法を測るには、付属のチートシートをお使いください。

Step 17 xLCDの取り付け

xLCDの取り付け
xLCDの取り付け
xLCDの取り付け
xLCDの取り付け
Locate the M3nEs nuts in the front base extrusion and place the xLCD assembly in front of it.
M3x16 ネジを右の xLCD サポートに挿入します。
Do not tighten the screws fully, a few turns are enough for now.
Use the 2.5mm Allen key to tighten the M3x16 screw into the M3nEs nut in the frame.
左側から2つ目のM3x16ネジを挿入し、締めすぎないように締めます。後でxLCDアセンブリの正しい位置を調整します。

Step 18 xLCDの位置調整

xLCDの位置調整
xLCDの位置調整
xLCDの位置調整
xLCDを中央に配置することをお勧めします。xLCDを右に移動するのは、ケーブルの長さが足りなくなるのでお勧めしません。
xLCDをベースのほぼ中央に合わせます。
2.5mm 六角レンチで左の M3x16 ネジを締めます。
2.5mm 六角レンチで右の M3x16 ネジを締めます。

Step 19 xLCDアッセンブリのバージョン

xLCDアッセンブリのバージョン
xLCDアッセンブリのバージョン
xLCDアッセンブリのバージョン
xLCDには2つのバリエーションがあります:
バージョンA:右下にファストン端子がある
バージョンB:左上にファストン端子がある

Step 20 バージョンA:xLCD PEケーブルの取り付け

バージョンA:xLCD PEケーブルの取り付け
バージョンA:xLCD PEケーブルの取り付け
バージョンA:xLCD PEケーブルの取り付け
Turn the printer to the left side so that the bottom of the base is facing you.
It is recommended to place a cardboard pad under the side of the base to protect the workbench and the frame from scratch.
xLCD アセンブリの背面をよく見て、xLCD ボード上の PE ファストンを見つけてください。PE ケーブルコネクタを PE Faston にスライドさせます。
あなたのバージョンの PE ファストンは xLCD の上側にあるかもしれません。PE ケーブルコネクタを PE ファストンに完全にスライドさせます。機能は同じです。マニュアルを読み進めてください。

Step 21 バージョンB:xLCD PEケーブルの取り付け

バージョンB:xLCD PEケーブルの取り付け
バージョンB:xLCD PEケーブルの取り付け
バージョンB:xLCD PEケーブルの取り付け
バージョンB:xLCD PEケーブルの取り付け
Turn the printer to the left side so that the bottom of the base is facing you.
作業台とフレームを傷から守るため、ベース側面の下に段ボール製のパッドを敷くことをお勧めします。
Take a closer look at the rear side of the xLCD assembly and locate the PE Faston on the xLCD board.
PE ケーブルコネクタを PE ファストンに完全にスライドさせます。

Step 22 xLCD PEケーブルのマネジメント

xLCD PEケーブルのマネジメント
xLCD PEケーブルのマネジメント
xLCD PEケーブルのマネジメント
PEケーブルをフレームに押し込みます。
Guide the PE cable through the extrusion. The PE cable shouldn't be stretched, this is important for the next steps.
バージョンBのPEケーブルは、バージョンAと同じようにスライドさせます。

Step 23 xLCDケーブルのガイド

xLCDケーブルのガイド
xLCDケーブルのガイド
xLCDケーブルのガイド
xLCDケーブルのガイド
The xLCD cable connector has a locking latch that has to face the red triangle near the xLCD connector.
xLCDケーブルをボードのxLCDスロットに接続します。
ケーブルがよじれていないことを確認してください。

Step 24 ケーブルのガイド

ケーブルのガイド
ケーブルのガイド
ケーブルのガイド
ケーブルのガイド
xLCDケーブルがねじれていないことを確認してください。
Insert the xLCD cable into the frame, copy the line of the PE cable, and cover the PE cable.
すべてのxLCDケーブルをできるだけコーナーに近づけてください。
Once in the corner flip the cables along the upper edge. See the picture.
xLCD-cable-bottom-holder をフレームに押し込みます。

Step 25 ケーブルのガイド

ケーブルのガイド
ケーブルのガイド
ケーブルのガイド
ケーブルのガイド
Insert the xLCD cable far into the frame to create a gap for the frame-corner-cover.
ケーブルを挟まないように注意してください!
xLCD-cable-bottom-coverをゆっくり縦フレームに挿入します。
xLCD-cable-bottom-coverは水平フレームと一直線上になければなりません。プラスチックカバーを水平フレーム部に挿入しないでください。
Insert the Extrusion cover 172mm to the frame and push it up to the xLCD-cable-bottom-cover.
172mm カバーをフレーム材に挿入します。

Step 26 ケーブルのガイド

ケーブルのガイド
ケーブルのガイド
ケーブルのガイド
ケーブルを挟まないように注意
xLCD-cable-bottom-holder を LCD-cable-bottom-cover に押し上げる。
xLCDとPEケーブルを持って軽く押し上げます。
ケーブルのループが大きすぎないように注意してください。

Step 27 水平方向へのケーブルの取り付け

水平方向へのケーブルの取り付け
水平方向へのケーブルの取り付け
水平方向へのケーブルの取り付け
水平方向へのケーブルの取り付け
ケーブルを挟まないように注意してください!
xLCD-cable-bottom-cover をフレームに押し込みます。
xLCDとPEケーブルをフレーム材に通します。
Zモーターケーブルからゴムバンドを外します。
Z モーター・ケーブルをフレーム材に挿入します。
写真のように、押し出し部分にケーブルを通します。

Step 28 Corner frame cover

Corner frame cover
Corner frame cover
Corner frame cover
Corner frame cover
ケーブルを挟まないように注意してください!
182mm カバーをフレーム材に挿入します。
フレーム材カバーを左側に押します。
corner-frame-coverのすぐ隣に、182mm のフレームカバーを完全に挿入します。

Step 29 Z-motor-cable-bottom-coverの取り付け

Z-motor-cable-bottom-coverの取り付け
Z-motor-cable-bottom-coverの取り付け
Z-motor-cable-bottom-coverの取り付け
ケーブルを挟まないように注意してください!
Z-motor-cable-bottom-cover をフレームに押し込みます。
フレームカバー243mmを挿入します。押して左にスライドさせます。
フレームカバーはフレーム材の端に合わせなければなりません。

Step 30 リアカバー用ケーブルの準備

リアカバー用ケーブルの準備
リアカバー用ケーブルの準備
リアカバー用ケーブルの準備
ケーブルを角の上でゆっくりと曲げ、フレーム材に挿入します。Zモーターケーブルから始め、xLCDケーブルとPEケーブルに進みます。xLCDケーブルをコーナー上でゆっくりと曲げ、フレーム材に挿入します。
ケーブルを挟まないように注意してください!
フレームリアカバーをプリンターに取り付けます。フレーム材に完全にフィットしていることを確認してください。
M3x10ネジで固定します。

Step 31 セカンドモーターケーブルの挿入

セカンドモーターケーブルの挿入
セカンドモーターケーブルの挿入
セカンドモーターケーブルの挿入
セカンドモーターケーブルの挿入
2つ目のモーターが上側に来るようにプリンターを回します。
It is recommended to place a cardboard pad under the side of the base to protect the workbench and the frame from scratch.
ケーブルからゴムバンドを外します。
Insert the motor cable in the extrusion. Make sure it goes perpendicular from the motor to the extrusion first.
フレームカバー243mmを挿入します。押して右にスライドさせます。
Z-motor-cable-bottom-cover をフレームに押し込みます。
Mind the correct direction. The motor cable guide the back of the printer (not to the xLCD screen).

Step 32 Z-motor-cable-bottom-coverの取り付け

Z-motor-cable-bottom-coverの取り付け
Z-motor-cable-bottom-coverの取り付け
Z-motor-cable-bottom-coverの取り付け
ケーブルを挟まないように注意してください!
ケーブルをコーナー上でゆっくりと曲げ、フレーム材に通します。
Attach the frame-rear-cover to the frame. Make sure it fits perfectly on the extrusions.
M3x10ネジで固定します。
プリンターを横にして、背面が手前になるようにします。次の章では、プリンタのこの部分の作業を続けます。

Step 33 ハリボーで休憩の時間です!

ハリボーで休憩の時間です!
ハリボーで休憩の時間です!
グミを5個食べましょう。
クマのかたちをしたグミの原型は、ヨーロッパの踊るクマにヒントを得たものです。ハンス・リーゲルがドイツ語で "小さなゴムのクマ"を意味する "Gummibarchen"と名付けたことに由来します。

Step 34 よくできました!

よくできました!
よくできました!
The photo is for informational purposes only, keep the printer on its side for the next chapter.
お疲れさまでした! XLの土台部分の組み立てが終わりました。
Go to the next chapter 3. Core XY & Back assembly.
発泡スチロールの保護パッドはリニアレールの上に戻っています。
Was this guide helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us