JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

ホットエンドアッセンブリの交換方法 (MK4/MK3.9)

ホットエンドアッセンブリの交換方法 (MK4/MK3.9)

ホットエンドアッセンブリの交換方法 (MK4/MK3.9)
Relevant for:
Last updated 7 months ago
ホットエンドアッセンブリの交換方法 (MK4/MK3.9)
 Difficulty
Very easy
 Steps
15
 Available languages
ENCSPLDEESITFR
はじめに
はじめに
このガイドでは、オリジナルPrusa MK4またはMK3.9のホットエンドアッセンブリの交換について説明します。
以下の手順は、すべてのPrusaノズル径に対応しています。
必要なパーツは全て弊社Eshopで販売しています。shop.prusa3d.com
なお、スペア部品のセクションにアクセスするには、ログインする必要があります。
プリンタの準備
プリンタの準備
プリンタからフィラメントを取り外します。
プリンターからスプールホルダーを外しておくことをお勧めします。
Z軸を中央の位置に移動し、エクストルーダーに上下から簡単にアクセスできるようにします。
ヒートベッドの保護
ヒートベッドの保護
プリンタの電源を切り、PSU(電源ユニット)から電源ケーブルを抜きます。
プリンタ部品(プリントヘッドとヒートベッド)が室温程度まで冷却されていることを確認してください。
作業を進める前に、ヒートベッドを保護することをお勧めします。
フレキシブルスチールシートを外します。
十分な厚みのある布を使い、ヒートベッドを覆ってください。こうすることで、分解時に表面を傷つけることがなくなります。
ホットエンドケーブルへのアクセス
ホットエンドケーブルへのアクセス
ホットエンドケーブルへのアクセス
LoveBoardカバーを上にスライドさせ、エクストルーダーから取り外します。パーツの背面には2つの切り込みがあり、これをつかむと簡単に取り外すことができます。
Fan-doorを大きく開けます。
ホットエンドケーブルの取り外し
ホットエンドケーブルの取り外し
ホットエンドケーブルの取り外し
ホットエンドケーブルの取り外し
各コネクターには安全ラッチがあります。取り外す前に、ラッチを押す必要があります。さもないと、コネクターが破損する恐れがあります。
ホットエンドヒーターケーブルを外します。
ホットエンドサーミスタのケーブルを外します。
ヒートシンクファンケーブル、ホットエンドサーミスタ、ホットエンドヒーターケーブルをケーブ ルチャンネルから外し、今は自由にしておきます。
ホットエンドの取り外し
ホットエンドの取り外し
ホットエンドの取り外し
ホットエンドを手でつかみます。
もう片方の手で2本のサムスクリューを緩めます。完全に外す必要はなく、数回回すだけで十分です。
ホットエンドアセンブリをヒートシンクからスライドして外します。
同時に、ヒートシンクの後ろにあるホットエンドケーブルをエクストルーダーの外に押し出します。
ホットエンドの挿入
ホットエンドの挿入
ホットエンドの挿入
エクストルーダーの底部からヒートシンクの穴を探し、ホットエンドをヒートシンクに挿入します。
同時に、ヒートシンクファンの後ろにあるホットエンドケーブルを電子機器まで押し上げます。
ホットエンドアセンブリをヒートシンクに完全に押し込みます。ヒートシンクとノズルの真鍮部分の間に約 2 mm の隙間があるはずです。
ヒーターブロックのHOTマークが正面を向くように、ホットエンドアセンブリの向きを決めます。
ホットエンドアセンブリーを押し込みながら、下側のつまみネジと上側のつまみネジをしっかりと締めます。ネジとヒートシンクの間にケーブルを挟まないようにしてください!
ホットエンドの接続
ホットエンドの接続
ホットエンドの接続
ホットエンドサーミスタをLoveボードの左上のスロットに接続します。
ホットエンドヒーターをLoveBoard 上部の黒いスロットに接続します。
ホットエンドケーブルのガイド
ホットエンドケーブルのガイド
ホットエンドケーブルのガイド
サムスクリューの後ろにケーブルチャンネルがあることを確認します。まずホットエンドサーミスタケーブルをチャンネルに通します。次にホットエンドヒーターケーブルを挿入します。
写真のようにホットエンドファンケーブルをガイドします。ケーブルチンネルに押し込みます。
ケーブルの整理
ケーブルの整理
ケーブルの整理
ケーブルの整理
Fan-doorを閉めます。
すべてのケーブルを写真に従って配置します。すべてのケーブルは、次のステップでカバーに干渉しないよう、できるだけエクストルーダー本体に密着させてください。
LoveBoardをカバーする
LoveBoardをカバーする
LoveBoardをカバーする
LoveBoardカバーをエクストルーダーの上にスライドさせます。そして押し下げます。
ケーブルを挟まないように注意してください!
カバーが正しく完全に挿入されると、後部のラッチがカチッと音がします。
ノズル径の設定
ノズル径の設定
ノズル径の設定
このステップは、ノズルの直径やタイプを変更した場合のみ重要です。
Settings > Hardware メニューをご覧ください。
使用するノズル径を選択してください。(例:0.25 / 0.3 / 0.4 / 0.5 / 0.6 / 0.8)
MK4では、0.40mmが純正のノズルサイズです。
シリコンソックスを使用している場合は、シリコンソックスオプションをオンにしてください。
通常のノズルとハイフローノズルを切り替えた場合は、ノズルタイプを選択してください。
最終チェック
最終チェック
最終チェック
すべてが正しく接続されているか確認するには、Control -> Temperature -> Nozzle Temperature で、少なくとも200℃以上の温度を指定します。
メイン画面に戻り、温度が上がるかどうか下のバーで確認します。
完成!!
完成!!
Great job! Original Prusa MK4/MK3.9のホットエンドアッセンブリの交換に成功しました。
Was this guide helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us