JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login
Menu

1c. パーツの準備

1c. パーツの準備
Relevant for:
Last updated 15 days ago
1c. パーツの準備
 Difficulty
Easy
 Steps
27
 Available languages
ENCSPLDEESITFR
ヒートベッドケーブルカバーを取り外します。
ヒートベッドケーブルカバーを取り外します。
ヒートベッドケーブルカバーを取り外します。
ヒートベッドケーブルカバーを取り外します。
In the upcoming steps, you will replace the old heatbed thermistor (from your previous printer model) with a new version that is compatible with MK4, MK3.9, and MK3.5.
アップグレードキットと一緒に新しいヒートベッドを購入した場合(古いヒートベッドに2+1個のネジがあるプリンターを使用しているユーザーによくあります)、新しいサーミスタがあらかじめ取り付けられていることを確認してください。これは、サーミスタケーブルの端に白いコネクタがあるかどうかで簡単に確認できます。このコネクタがある場合は、新しいサーミスタがすでに取り付けられていることを示し、M3nEsナット:部品準備に進むことができます。
]
この部品は、カバーのデザイン、ネジの位置、ネジの数が若干異なる場合があります。
ケーブル束を固定しているネジを外します。
カバーを固定しているネジを外します。下側から、ネジを緩めながら、真ん中のM3nNナットをプライヤーでつかみます。
カバーを外します。
ヒートベッドの電源ケーブルを固定しているネジを外し、ヒートベッドからケーブルを取り外します。下側からペンチでM3nNナットをつかみ、ネジを外します。
ヒートベッドサーミスタの取り外し
ヒートベッドサーミスタの取り外し
ヒートベッドサーミスタの取り外し
ヒートベッドの下側から、黄色のカプトンテープと銀色のアルミテープをはがします。
ヒートベッドからサーミスタケーブルを取り外します。
新しいヒートベッドサーミスタ:部品の準備
新しいヒートベッドサーミスタ:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
MK用のヒートベッドサーミスタ (1個)
カプトンテープ(1枚)
アルミニウムテープ(1枚)
説明書に注意してください。黄色いカプトンテープはすぐ丸まってしまい、最初の形状を復元することは困難です。
必要な部品はすべてヒートベッドサーミスタセットの袋に入っています。
ヒートベッドとサーミスターを準備します。
ヒートベッドとサーミスターを準備します。
ヒートベッドとサーミスターを準備します。
ヒートベッドとサーミスターを準備します。
サーミスタとテープを取り外したら、全体を掃除して油脂分を取り除きます。アルミテープの下にあった接着剤は多少残っていても大丈夫です。
サーミスタをヒートベッドに置きます。サーミスタの先端が円の中に入っていなければなりません。
ここがずれていると、プリンタは間違った温度を読み取ります。
センサーがヒートベッドのどちらに取り付けられているかに注意してください。
銀色のアルミテープを手に取り、保護フィルムを丁寧にはがします。
サーミスタの中心(楕円形の内側)にのみ、テープをヒートベッドに接着してください。正しい位置を再確認する必要があります。
テープを少し剥がしたり曲げたりして、サーミスタの先端を出します。
サーミスタをカバーする
サーミスタをカバーする
サーミスタの位置を保ち、アルミテープで覆います。サーミスタセンサー全体がテープで覆われていることを確認してください。
サーミスタを所定の位置に固定します
サーミスタを所定の位置に固定します
サーミスタを所定の位置に固定します
サーミスタを所定の位置に固定します
最後に "黄色 "のカプトンテープを貼ります。丸まってしまうので、一度にテープ全体をはがさないでください。
写真のように、カプトンテープを約0.5 cm剥がし、ヒートベッドに接着します。テープが正しく接続されていることを確認します。
カプトンテープがヒートベッドのネジ穴と重ならないようにしてください。
カプトンテープは、銀テープより面積が大きいです。銀色のテープが四方から重なっていることを確認してください。
テープを貼り続け、サーミスタのある部分の上で一旦止めます。テープが隅々まで行き渡るように細心の注意を払います。
ヒートベッドにテープを接着して完成です。全面がきちんと接着されているか再確認してください。
M3nEsナットを差し込みます。
M3nEsナットを差し込みます。
M3nEsナットを差し込みます。
M3nEsナットを差し込みます。
M3nEsナットを左側の短いフレーム材(PSUのない側)に挿入します。スプリング(金属板)がある側を先に挿入します。
指を使ってナットをフレーム材に押し入れます。
両方のM3nEsナットにこの方法を使用します。ナットの正確な位置は、この時点では重要ではありません。
ケーブルクリップの取り付け
ケーブルクリップの取り付け
ケーブルクリップの取り付け
ケーブルクリップの取り付け
写真のようにフレームを回転させ、マークした部分に注目します。
ケーブルクリップを1つ取り、クリップのある側を下側の長い押し出し部分の内側の溝に引っ掛けます。部品にフックがあるので、詳細を参照してください。
クリップのもう一方の端をフレーム材の下側に置きます。
ケーブル・クリップの下側をより強い力で押します。溝にはまり、「カチッ」と音がするはずです。
ケーブルクリップの取り付け
ケーブルクリップの取り付け
ケーブルクリップの取り付け
長いフレーム材へのクリップの取り付け
短いフレーム材へのクリップの取り付け
フレームを回転させ、2つ目の短いフレーム材に2つのクリップを取り付けます。
PG-front-case:部品の準備
PG-front-case:部品の準備
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
PG-front-case (1個)
スペーサー 13x24x2.5 (1個) 黒または白
スペーサー13x24x2.5はNEXTRUDERのバッグの中にあり、黒もしくは白の2色があります。
PG-front-caseの組み立て
PG-front-caseの組み立て
PG-front-caseの組み立て
スペーサーをPG-front-caseの円形のくぼみに入れ、下まで押し込みます。ワッシャーの正しい向きに注意してください。
ワッシャーの3つの丸がある側を上にしないでください。そうしないと遊星ギアが正しく作動しません。
ワッシャーが均等にプリント部分に押し込まれていることを確認します。
ステッカーとラベル:パーツの準備 I.
ステッカーとラベル:パーツの準備 I.
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
すべてのステッカーは、UPDATE STICKERSの袋の中にあります。
xLCD-cover (1個)
PG-front-case (1個)
xLCD-cover MK3.9 ステッカー (1個) 長方形、オプション
PG-case MK3.9 ステッカー (1個) 長方形、オプション
シリアル番号ラベル (1枚) 銀色
必要な部品リストは、次のステップにも続きます。
ステッカーとラベル:パーツの準備 II.
ステッカーとラベル:パーツの準備 II.
ステッカーとラベル:パーツの準備 II.
以下のステップに向けて、下記の部品を用意してください。
すべてのステッカーは、UPDATE STICKERSの袋の中にあります。
安全ラベル(1枚)
クリーニングパッド(1個)
xLCD-cover ステッカー (オプション)
xLCD-cover ステッカー (オプション)
xLCD-cover ステッカー (オプション)
xLCD-cover ステッカー (オプション)
このステップと次のステップは任意です。また、文字が小さければ小さいほど、転写や糊付けに手間がかかりますので、注意して作業してください。
クリーニングパッドを使用して、xLCDカバーの丸い穴のない面を掃除します。
保護層の一部を剥がし、xLCD-coverにステッカーを慎重に接着します。ステッカーをディスプレイカバーの端に合わせます。下側から始めてください。
ステッカー越しにPRUSAの白い文字が見えます。2枚目の写真と向きを比べてみてください。
ステッカーを接着した後、ステッカーの全長に沿ってあらゆる方向へ指で押し伸ばし、完璧に接着するようにします。
xLCD-cover ステッカー (オプション)
xLCD-cover ステッカー (オプション)
xLCD-cover ステッカー (オプション)
この作業には忍耐と注意が必要です。完璧に接着するには、パーツの適切な脱脂と周囲温度によります。
保護層をゆっくりとはがしていきます。レタリングに保護層を軽く押し付けながら剥がします。すべての文字が接着されているかを確認してください。
保護層をはがした後、最終的な外観が写真と一致していることを確認します。
PG-case ステッカー (オプション)
PG-case ステッカー (オプション)
PG-case ステッカー (オプション)
PG-case ステッカー (オプション)
このステップと次のステップは任意です。また、文字が小さければ小さいほど、転写や糊付けに手間がかかりますので、注意して作業してください。
クリーニングパッドを使用して、PG-caseの前面を掃除します。
保護層の一部をはがし、ステッカーをPG-caseに慎重に接着します。ステッカーはカバーの端に合わせてください。
詳細を見て、ステッカーの正しい向きを確認してください。ネジ穴を目安にしてください。
ステッカーを接着した後、ステッカーの全長に沿ってあらゆる方向へ指で押し伸ばし、完璧に接着するようにします。
PG-case ステッカー (オプション)
PG-case ステッカー (オプション)
PG-case ステッカー (オプション)
この作業には忍耐と注意が必要です。完璧に接着するには、パーツの適切な脱脂と周囲温度によります。
保護層をゆっくりとはがしていきます。レタリングに保護層を軽く押し付けながら剥がします。すべての文字が接着されているかを確認してください。
保護層をはがした後、最終的な外観が写真と一致していることを確認します。
シリアル番号ラベルの貼り付け
シリアル番号ラベルの貼り付け
このステップは製品保証のために必要です。ラベルは捨てないでください。
ラベル裏面の保護層をはがします。
背面プレートの左側にラベルを貼り付けます。表面が汚れていないことを確認してください。付属のクリーニングパッドを使用してください。
安全ラベル(オプション)
安全ラベル(オプション)
安全ラベル(オプション)
プリンター・フレームの前面を見てください。フレームの右側に黄色の安全ラベルがあるはずです。
プリンタから古いラベルを剥がします。
付属のクリーニングパッドでラベルを貼った部分を拭いてください。
新しい安全ラベルを用意します。ラベルの下側の保護層をはがし、ラベルをフレームのきれいな面に接着します。
マニュアルの以下の写真は、旧版(黄色)の安全ステッカーで撮影されたものであることにご注意ください。これは、新しいステッカーが利用可能になる前に撮影されたためです。
パーツの概要 I.
パーツの概要 I.
パーツの概要 I.
以下に準備した部分は、次の章のために脇に置いておきます:
PSUが付いたプリンタメインフレーム (1個)
Y キャリッジ (1個)
スムースロッド 8x370mm (2本) X軸用
スムースロッド 8x330mm (2本) Y軸用
X軸とY軸から外したLM8UUベアリング(6個)
必要な部品リストは、次のステップにも続きます。
パーツの概要 II.
パーツの概要 II.
パーツの概要 II.
パーツの概要 II.
ヒートベッド (1個)
Xモーター (1個)
Yモーター (1個)
Zモーター 左 (1個)
Zモーター 右 (1個)
台形ナット (2個)
アップグレード用にプリントしたすべての部品。
捨てないようにしてください。
捨てないようにしてください。
電源コード、スチールシート、スプールホルダーは、再度使用するので保管してください。
アップグレードが進むに伴い、リストにない部品は必要なくなります。新しい部品と混ざらないように脇に置いておいてください。
完成!!
完成!!
リストの部品がすべて揃ったら、プリンタのアップグレードを進めます。
組み立てを楽しもう!
Was this guide helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us