JA
  • English
  • Čeština
  • Español
  • Italiano
  • Deutsch
  • Polski
  • Français
Login

定期的なメンテナンス (XL)

Menu
Relevant for:
Last updated 11 days ago
This article is also available in following languages: 
ENCSPLDEESITFR

Prusa XLのメンテナンスには定期的に時間をかけることをお勧めします。これはプリンタが完全に動作している場合でも行う必要があります。様々なコンポーネントの点検とメンテナンスは、200~300時間ごとのプリント時間を目安に行う必要があります。

便利な道具

六角レンチ、ニードルノーズプライヤー、IPA(イソプロピルアルコール)+ペーパータオルといった通常の工具のほかに、以下のものがあると便利です。:

  • エアダスター: いわゆる「空気の缶詰」として知られています。スプレー中に逆さまに持たないように注意してください。そうしないと、洗浄中に電子部品を損傷する恐れがあります。
  • ブラシ: ヒーターブロックの清掃には、小さな真鍮ブラシが便利です。真鍮ブラシがなければ、毛が硬いブラシなら何でも大丈夫です。
  • Prusa潤滑油: Original Prusa XLにはPrusa潤滑油のチューブが付属しています。主にZ軸リードスクリューに使用します。
リニアレールには、Prusa潤滑剤を使用しないでください!

軸の確認

リニアレールにゴミやほこりが付いていないことを確認してください。付着している場合は、きれいなティッシュペーパーか布で拭いてください。脱脂剤や化学薬品は使用しないでください。リニアレールの工場出荷時の潤滑は、少なくとも 2年間有効です。

Z軸のリードスクリュー

500時間プリントしたら、Z軸のリードスクリューに注油してください。

  1. プリンタのメニューから Control -> Autohome を選択してください。
  2. リードスクリューに注油します。
  3. メニューから、 Control -> Move axis -> Move Z を選択し、すべて下にさげてください。
  4. もう一度プリンタのメニューから Control -> Autohome を選択します。

これでリードスクリューが均等に潤滑されます。

ベルト

X軸の一番上のベルトにベルトテンショナーを取り付けます。ベルトテンショナーにはポインターがあり、それが最適な範囲にあるかどうかをチェックする。ポインターの理想的な位置は、中央の最大マークに近い部分です。

また、Prusaベルトチューナーアプリを使用して、ベルト調整の詳細を読むこともできます。

サイドフィラメントセンサー

プリンタのサイドフィラメントセンサーには、時間の経過とともにフィラメントの残りが蓄積されることがあります。誤った読み取りを防ぐには、ガイドHow to clean the side filament sensor (XL) [進行中の翻訳]に従ってください。

フレキシブルスチールシート

すべてのフレキシブルスチールシートは、密着性を確保するために定期的に洗浄する必要がありますが、適切な方法や洗浄液はシートの種類によって異なります。

シートのお手入れ方法については、この記事で詳しく紹介しています。

アセトンはクリーニングには控えめに使用し、スムースシートにのみ使用してください!テクスチャシートやサテンシートにはアセトンを使用しないでください。シート面にダメージを与える場合があります。

ファン

Original Prusa XLには、ホットエンドファンとプリントファンが装備されています。プリンタはファンの回転が停止したことを検知できますが、メンテナンス時にファンをチェックするようにしてください。ホコリやプラスチックが蓄積すると、効率が低下したり、破損したりすることがあります。

どちらのファンも、数百時間のプリントごとに点検し、清掃する必要があります。ファンを動かしていない状態で、エアダスターでほこりを取り除き、小さなプラスチックゴミなどはピンセットで取り除いてください。

作動中のファンにはエアダスターを吹きかけないでください。ファンが損傷する恐れがあります。

ネクストルーダー

エクストルーダーの部品にアクセスする際は、ギアボックスを開けないでください。この操作によってエクストルーダーに問題が発生する可能性があり、プリンタの保証が無効になります。

エクストルーダーのプライマリーギアとアイドラーシャフトに取り付けられたベアリングには潤滑油は必要ありません。時間が経つと、プライマリギアの溝にフィラメントの屑が堆積し、フィラメントの押し出しが不十分になることがあります。アイドラーナットを持ち上げてエクストルーダーにアクセスし、アイドルシャフトを動かします。エアダスターで汚れを吹き飛ばすか、真鍮ブラシまたは普通のつまようじを使用します。エクストルーダー/ツールヘッドの前面にあるアクセスホールを使用します。

ヒーターブロック

注意: やけどに注意して作業してください。

ヒーターブロックがプラスチックゴミで覆われてしまっていると、熱特性に影響を与える可能性があります。清掃するには、ノズルを250 °Cで3~5分間加熱したあとプリンタの電源を切ります。すぐに、小さな真鍮ブラシを使って、ノズルとヒーターブロックにこびりついた古いプラスチックを取り除いていきます。ヒーターブロックに接続されている壊れやすいワイヤーの周りには特に注意してください。

また、Nextruder シリコンソックスを使ってあらかじめヒーターブロックを保護することもできます。

電気系統

プリント時間~600~800時間ごとに電子ボードにアクセスし、目視でチェックを行います。

各電気接続部は触れる前に、プリンタが完全に冷却され、スイッチが切られていて、主電源から少なくとも10分間コンセントが抜かれていることを確認してください。
  • プリンタ上のケーブルにつまみや摩耗がないか確認します。
  • 電子基板にアクセスし、ケーブルの間にエアダスターを吹き込んでホコリを取り除きます。
  • 電子基板上のすべての配線の接続を確認します。

ファームウェアとソフトウェア

お使いのプリンタモデル用に弊社から公開している最新のstable firmwareバージョンを常に使用する必要があります。お使いのファームウェアのバージョンは、メニューから Info - Version info で確認できます。

また、最新バージョンのPrusaSlicerを使用することをお勧めします。プリンタのモデル、ノズル径、ファームウェアのバージョンなどの情報を直接gコードファイルに保存することができます。

ツールチェンジャー/ツールヘッドのクリーニング

他のメンテナンスと同時に行うこともできますし、プリントにバンディングやリンギングの問題があることに気づいた場合に行うこともできます。ツールヘッドとツールチェンジャーの金属接続部分をスムーズにするには潤滑が必要です。ガイドHow to lubricate the coupler pins on Original Prusa XL (Multi-Tool) [進行中の翻訳]を参照してください。

Was this article helpful?

Comments

Still have questions?

Still have questions?

If you have a question about something that isn't covered here, check out our additional resources.
And if that doesn't do the trick, you can send an inquiry to [email protected] or through the button below.

Contact us